アートオブティダ・沖縄県宮古島から太陽の恵みをお届け

沖縄県宮古島から太陽の恵みをお届け

商品詳細、ちんすこう

商品詳細、ちんすこう、

オンラインショップへ

商品写真、ちんすこう

  ちんすこうは琉球王朝の時代から伝わる沖縄を代表するお菓子。アートオブティダのちんすこうは、宮古島産のハーブ(ローズマリー)と宮古味噌をそれぞれ練りこんだ「宮古島産」オリジナル。香りよくコクのある味わいは、コーヒーや濃い目のお茶にぴったり。ひとつづつ、握った跡までわかりそうな手作りならではの不ぞろいなカタチに“宮古のおかあさん”の優しさが感じられます。

商品プロフィール、ちんすこう

商品プロフィール

原材料小麦粉、三温糖、ラード、なたね油、玄米粉、味噌またはローズマリー
内容量40g
保存方法直射日光を避け、常温で保存
賞味期限製造日より2ヶ月
販売時期通年

ちんすこう

オンラインショップへ

アートオブティダのこだわり

アートオブティダのこだわり

生産者、ちんすこう

心のこもった手作り品
  沖縄土産としてありふれているちんすこうを、宮古島ならではの菓子に生き返らせたのは、ちんすこうを宮古島で最初に商品化した比嘉初江さん。
  まだ小さかった娘たちのためにお菓子作りをはじめて、気づいたら30年。当時と変わらぬ手作り菓子と週末カフェのために2006年7月『カフェ373(みなみ)』をオープン、厨房で毎日、手焼きするちんすこうには、母が子につくるのと同じ心がこめられています。

宮古島オリジナル
  昔ながらの手作り宮古味噌、そして宮古の土で育てられたローズマリー。数多あるちんすこうのアレンジ商品の中でも、ひときわ輝く個性と絶妙な素材のマッチングです。

食の安心・安全を追求
  原料となるローズマリーは農薬や化学肥料を一切使わずに、宮古味噌は自家製で、それぞれ比嘉さん自身が生産・製造。また製造工程でも着色料や保存料などの合成添加物、うまみ調味料などの化学調味料は一切使用していません。さらに、ちんすこうの伝統的な原材料である小麦粉、ラード(豚油)を生かす一方で、玄米粉、なたね油を配合し、よりヘルシーでより良い食感を実現するなど工夫改良を重ねています。


copyright (c) 2009 Art of tida All right reserved.